老人福祉施設賃貸事業のご案内

 当社では有料老人ホームやグループホームなどの高齢者福祉施設の賃貸事業のお手伝いをさせていただいておろます。

 なかでもグループホームは、特別養護老人ホームや老人保健施設等と比べ小規模なため、施設、人員面への投資も少なく、また広大な敷地も必要ないなど比較的開設するのが容易です。

 また、土地、建物を自ら所有することが必ずしも必要でないため、賃借というかたちでの開設が可能です。

 すなわち事業者が適当な土地を所有していない場合は、遊休地の有効利用策を考える土地所有者からの土地、建物の一括借り上げを行うことが可能なわけです。

 初期投資を抑えたい事業者と安定した土地の有効利用を図りたい土地所有者の思惑が一致するため、現在はこういうケースが主流であると思います。


土地の有効利用をお考えの地主様へ

 最近、賃貸アパートや賃貸マンションの供給が飽和状態になっている地域も多いと思われますが、有料老人ホームやグループホームの立地条件はほぼ賃貸アパート・マンションと一致します。 

 したがってこうした立地で土地の有効利用を考えている土地所有者にとっては新たな土地利用策の一つととらえることができます。

 

 こうしたことから私たちは土地の有効利用を考えている地主様に有料老人ホームやグループホームの一括建て貸しをご提案させて頂いております。

 

 一括建て貸し型グループホームの開業までの流を右に示しましたが、有効利用を考えられている地主様に弊社がグループホームの事業者をご紹介し、グループホーム開設までサポート致します。ご希望の地主様は是非お問い合わせください。

また、グループホーム建設についてご興味がありましたら下記をご覧ください。

 


上記内容については㈱エクスナレッジ社より発売されています「高齢者介護・シルバー事業企画マニュアル」をご覧ください。グループホームに関する記事は弊社が担当致しました。


グループホームの今後

グループホームは開設の容易さから近年急増し、市町村の中には規制するところも出てきています。(グループホームは認可事業であるため、勝手に開設できるわけではないのです。)また、残念なことに急増する建物に人的な対応が追いつかず、トラブルが生じたことも耳にします。建物もかろうじて基準をクリアーしただけの質の悪いものも見受けられます。


当たり前の話ですがこれで良いわけではなく、これからはより一層、介護、建物の両方の質の向上が求められます。グループホームは限りなく住宅に近い建物とよくいわれますが、入居する高齢者の人生は多様であり、居住していた環境も多様で、それに適した住環境を提供しなければなりません。グループホームも多様化されるべきであると考えます。したがって、計画にあたっては、その地域の特性、ニーズをよく把握することが重要になるわけです。

私たちは自分の親を誇りを持って預けられるグループホーム、そして将来自分が住んでみたくなるようなグループホーム。私たちはそんなグループホームを設計するように心掛けています。