OFFICE


Waei Kogyo Co., Ltd. Headquarters

Waei Kogyo Co., Ltd. is a company specializing in engineering located in the central part of Kanagawa prefecture.

和栄工業株式会社本社屋

□コンセプト ウェルビーイングの考えを取り入れたオフィス

 

ウェルビーイング(Well-being)という言葉を直訳すると、「幸福」「健康」という意味になります。特に働き方改革が社会全体で進む現在、企業内の就業環境や組織の在り方について議論する際に「ウェルビーイング」という概念を意識することも多くなっています。ウェルビーイングがビジネスの場で重要視されだしたのは、社会における価値観の変化や慢性的な人材不足が原因と考えられます。

日本はもちろん、世界全体で働き方だけでなく、生き方そのものについての価値観が多様化する中、旧来の自己犠牲的な働き方が見直され、自分らしく働ける環境づくりが必要とされていると思います。

また、日本をはじめ先進国では、若年人口の減少により労働力が慢性的に不足しています。一方で企業の求人ニーズは、増加傾向にあるとされています。このような「人材減・求人増」の傾向にある現代では、高給与・高待遇を謳うだけの採用活動が通用しなくなっています。

和栄工業(株)の企業理念に「我々の本当の資源は人材である。将来の投資資源として人材の能力開発に努力する。」とあります。

こうした理念に基づき、私たちはウェルビーイングを重視したオフィス空間をコンセプトとして設計しました。

 

□ファサードデザイン

和栄工業の社員であることが誇らしくなるようなオフィスのファサードデザインを目指すということに注力しました。

第一印象を与えるファサードのデザインは技術革新へ挑戦する企業にふさわしい、近代的なオフィスビルをイメージさせるため、メタリックな輝きを放つ金属鋼板サンドイッチパネルを採用しました。

この金属サンドイッチパネルの芯材はロックールが使用されていて高い断熱性、耐火性能があり、省エネ効果が見込めます。

また、エントランス天井には木調天井材を採用し、近代的で無機的な金属に対し、有機的な温かみと安らぎを感じられるような工夫をしました。

屋上には室外機等設備機器用の目隠しを兼ねた広告塔を設置する計画ですが、伊勢原駅方面からの来客に分かり易く看板を表示するように計画しました。

 

□オフィス空間

従業員の満足度と生産性が向上するオフィス、企業の特性にあわせて従業員の働き方に合った働くスペースの設計に注力しました。

従業員の多くがエンジニアであり、その働き方は一日の中で集中する時間とリラックスする時間を交互に切り替えるスタイルではないかと思います。その中でパフォーマンス向上の為、集中してコードを描くONの時間とリフレッシュするOFFの時間の切り替えがしやすい環境の構築を目指しました。

まず、執務空間である事務所はオフィスレイアウトの変更に対応しやすいようになるべく整形な大きな空間となるように配慮し、床はOAフロアを採用し、設備の変更にも対応しやすい計画としました。

仕事に集中し、省エネ効率も上げられるように開口部は建築基準法、消防法で求められる必要最低限な位置、大きさで計画しました。

共用部分には各階にフリースペースを設けました。ここは組織を超えて人が集うことができる、多目的で使える場所であり“出会い”と“ゆらぎ”が生まれることを期待しています。

明るい窓際には、リラックススペースや、カウンターなどを配しています。

従業員の方が安らげるスペースを作ることは、モチベーションの向上・優秀な人材の雇用に寄与すると考え、重点を置いてデザインしました。

 

場  所:神奈川県伊勢原市

竣  工:2021年7月

規模、構造:S造、地上5階

延床面積: 1,255㎡